チャクラの色を天然石で表現したオーダーリング


この指輪の持ち主になった方はヨガの先生で、いろいろお打ち合わせをしているうちに、チャクラの色を入れた指輪にしたいということで、チャクラの色を天然石で表現した指輪をデザインしました。

デザインするにあたり、ネットでチャクラのことをいろいろ調べるところから始まりました。

チャクラは、ヨガやアーユルヴェーダでよく聞かれる独特な概念とのことで、「車輪」や「渦」などと訳され、

また健康な人のチャクラは円形で時計回りに回転しているそうです。

っということで、リングの腕を時計回りに回っているようにして、ご依頼主の誕生石であるガーネットを第一チャクラの赤に見立て

オレンジサファイヤ(第2チャクラ、オレンジ)

イエローサファイヤ(第3チャクラ、黄色)

エメラルド(第4チャクラ、緑)

ブルーサファイヤ(第5チャクラ、青)

アイオライト(第6チャクラ、藍色)

っとチャクラの流れがだんだん大きく強くなるようなイメージで石の大きさを少しづつ大きくしながら第7チャクラのアメジスト(紫)のメインの石につなげるというデザインにしました。

ちなみにメインのアメジストはご依頼主の星座石(水瓶座さん)です。

order ring

フルオーダーのお客様はやはりご自分ですごくこだわっていることや長く従事されていることをお持ちの方が多く、ジュエリーのご相談を受けるたびに、まずはお客様のご興味があることがどのようなことなのか理解するために調べ物をすることから始まり、それをデザインにつなげていきます。

今回も最初は指輪のまわり方が逆の反時計回りでデータを製作していたのですが、途中で「健康な人のチャクラは円形で時計回りに回転している」ということを知り、向きを逆に変えました。

せっかくのフルオーダーなので、”こだわれる事は出来るだけこだわって製作して差し上げたい!”っといつも思っています。

もともとヨガのこともチャクラのことも全く知らない私でしたが、お陰様でちょっと詳しくなりました。(前回は、馬と乗馬についてかなり詳しくなりました)

こうやってご注文をいただくたびに、私の知識や教養も少しずつ増えていっている感じで、本当にありがたい事です。

そして、お客様自身がこだわって、ご自身で選び取ったデザインはやはり似合い方が全然違うんですよね。

本当によくお似合いでした!!

結婚指輪や婚約指輪が左薬指にはめるときがきたら、こちらは”ペンダントにしたいかも”っということしたので、アイレジュエリー特製リングホルダーバチカンとセットして使えるデザインにしてあります。

order ring

上の写真のバチカンはシルバーでのサンプル品ですが、ゴールドにダイヤモンドを入れるイメージを想定しています。

第7チャクラの紫の上は無色らしいので、ダイヤを入れたらチャクラ的も完璧かも!!! っと勝手に納得していたりして(^^;

ダイヤ入りゴールドバチカンペンダンはこちら(以前、結婚指輪とのセットでつくったもの)

バチカン

 

毎月開催しているジュエリー相談会でも、フルオーダージュエリーのご相談を承っております。

特にその場でご注文いただく必要はありませんので、気軽なお茶会気分でお申し込みください。

ジュエリー相談会の詳細はこちら

http://aire-jewelry.com/regular-meeting.html


その人を象徴するアイコンジュエリーとは – リフォーム編 –


自分の人生に長年寄り添ってきた事柄やモチーフを、その方のライフスタイルに最適化してデザインされたジュエリーは、”ジュエリー=あなた” っとなるファッションパートナー

今回、そんなアイレジュエリーのコンセプトにピッタリのこれ以上ないジュエリーをお作りすることがでしました。

お母様の残された古い指輪を使えるようにして欲しいとのご依頼でした。

指輪からペンダントへのリフォームをご提案いたしました。

デザインのお題は ”馬” に関すること

一つは、すぐに馬蹄型のペンダントトップにすることに決まったのですが、残り2つのデザインにとても悩みました。

だって、馬のことも乗馬のことも私は、全くの無知。

丸善(書店)に行き、乗馬コーナーに置いてある本を読みあさったり、(すみません、立ち読みです)

エルメス(もともと馬具屋さんですから)のスカーフに描かれている模様を確認したり、

最後は、ふた回り前の実家の午年の年賀状に馬がデザインされていたことを思い出し、実家にもどり古い年賀状を探したり

余談ですが、私の実家の年賀状は私の子供のころから、とても凝って母が作っていたので全部1枚ずつとってあるんです(多分40年以上分)。

お陰で、ハミ、鎧(アブミ)といった聞きなれない言葉も覚えました。

フルオーダーメイドのご注文はその方のことをよく知ることから始まりますので、私の知らない世界をお客様がいっぱい教えてくださり、今回私もすっかり乗馬通になりました。

さて、肝心の出来上がったジュエリーのご紹介ですが、

一つ目は幸運のモチーフで有名な馬蹄型ペンダントトップ

実はただのペンダントトップではなく、中石のペンダントと馬蹄型のペンダントが取り外し可能で、4Wayで使用可能です。

そして、こちらの馬蹄型はお客様の強いご希望で、リアルに近い馬蹄のラインになっています。

馬蹄beforeafter

2つ目は、宝石たちを障害物にみたて障害物を飛び越える瞬間の馬をデザインしたペンダントトップ

馬beforeafter

そして、最後はデザインが出るまでかなり苦しんだ鎧のペンダントトップ

鎧は乗馬の時に足を入れる金具のことです。さりげなくイニシャルも入ってます。

鎧beforeAfter

リフォームは石の大きさや状態など、いろいろな制約があるためデザインをするのが大変難しいです。

この3つのジュエリーは、今の私が彼女に作って差し上げられる会心のデザインです。

オーダーメイドジュエリーの詳細はこちら

http://aire-jewelry.com/Order/index.html

 

ご依頼主さまは、現在日本馬術連盟の理事に就任され、2020年の東京オリンピックの馬術競技にご尽力中とのこと。

馬蹄や馬のモチーフは、開運や幸運、厄除けのモチーフとしてもよく知られています。

毎日、大好きなお馬さんのモチーフのジュエリーを身につけていただければ、きっと東京オリンピックも成功することでしょう。

周りの方から見て ”ご依頼主さま = 馬” なのだと思います。

お馬さんを見ると彼女を思い浮かべるっと言うぐらい、切っても切れないものなのでしょう。

これからは、今回お作りしたジュエリーが彼女を象徴するアイコンジュエリーなることと思います。

本当によくお似合いでした。

 

アイレジュエリーでは、気軽にオーダーメイドのご相談いただけるジュエリー定期相談を毎月開催中です。

公式サイトトップページに2ヶ月ごとの日程を掲載しておりますので、ご利用くださいませ。

http://aire-jewelry.com

また、随時個別相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

http://aire-jewelry.com/Order/consultant.html


結婚指輪の役割


先日オーダーを頂いておりましたご結婚指輪をお届けしました。

結婚指輪納品彼と二人で一緒にリボンをほどき、初めて見るご自分たちの結婚指輪を目にした時の

”わー、素敵!!”

っとおっしゃった第一声が本当に嬉しかったです。

 

”きっと幸せになってくれるはず” その場に立ち会ってそう確信しました。

この結婚指輪のオーダーの打診を頂いたのは、今年の1月。

その時はまだ結婚の意思はお二人ともあるものの具体的なお話は全く進んでいなくて、新居はもとより入籍日すら決まっていませんでした。

そして、彼女の方は少し迷っているように私は感じていました。

私に作ってもらえれば、こだわりも特にないのでシンプルな普通の結婚指輪でいいですっと言ってくださる、ありがたいお客様だったのですが、彼女のお仕事上、日常的に指輪をはめることができないので、せっかくフルオーダーで作るのだから

 ”毎日身につけられる指輪を作ってあげたい!!”

っとご依頼を受けた時から思っていました。

だからこの結婚どうなるかわからないけど、少しデザイン作業に時間がかかるコンセプトなのでデザインだけ先に考えてみようと思いデザイン作業のみ時間があるときに、私の独断で進めていました。

そして、指輪をペンダントにしているように見えないペンダントトップにもなる指輪をデザインして、ご提案したところとても気に入ってくださり、その指輪のデザインが元で彼との結婚に向けてのお話がすこしづつ進んでいったそうです。

フルオーダー結婚指輪  ペンダントになる結婚指輪

指輪の正式注文のため彼女との打ち合わせの時に(この時まだ入籍日は決まっていませんでした)、デザイン、サイズ、金種などの詳細を打ち合わせた後、ずっと気になっていた、今日絶対に確認しなくてはいけないと思っていたことを彼女に聞きました。

 

それは。。。。。。

 

”最後に一番大事なことを聞いていい? 本当に結婚したいと思ってますか?”

即答で、”はい、結婚したいです”っと

その言葉を聞いて、”あー、大丈夫だなぁ!”っと思ったのと同時にちょっとホッとしたのを覚えています。

 

だって、私が先に指輪のデザイン進めてしまったがために、気持ちが固まっていないのになんとなく流れで人生の大きな決断をさせてしまったんじゃないかとずっと引っかかっていたので。

彼女の結婚までの道のりを側で見ていて、結婚指輪ってお二人の縁を結ぶ印という以外に女性が結婚に向かって覚悟というか意思を固めるために作るものなのかなぁっと思いました。

特にフルオーダーメイドの結婚指輪はゼロから作っていくので、長い工程を経て形になっていくなかで、これから始まる自分の幸せの形が見えてくるのかもしれません。

ご本人からもこの指輪がなかったら、どうなっていたかわからなかったっといって、大変感謝されました。

指輪のご注文頂いて、幸せの後押しをし、しかも感謝までされるなんて、指輪を製作した私もとても幸せです。

幸せになってね!!

 

毎月開催しておりますジュエリー定期相談会では、まだ具体的に結婚の日程が決まっていない方からのオーダーメイドの結婚指輪や婚約指輪のデザインのご相談もしていただけますので、お気軽にご参加ください。

ジュエリー定期相談会の詳細は、こちら