その人を象徴するアイコンジュエリーとは – リフォーム編 –


自分の人生に長年寄り添ってきた事柄やモチーフを、その方のライフスタイルに最適化してデザインされたジュエリーは、”ジュエリー=あなた” っとなるファッションパートナー

今回、そんなアイレジュエリーのコンセプトにピッタリのこれ以上ないジュエリーをお作りすることがでしました。

お母様の残された古い指輪を使えるようにして欲しいとのご依頼でした。

指輪からペンダントへのリフォームをご提案いたしました。

デザインのお題は ”馬” に関すること

一つは、すぐに馬蹄型のペンダントトップにすることに決まったのですが、残り2つのデザインにとても悩みました。

だって、馬のことも乗馬のことも私は、全くの無知。

丸善(書店)に行き、乗馬コーナーに置いてある本を読みあさったり、(すみません、立ち読みです)

エルメス(もともと馬具屋さんですから)のスカーフに描かれている模様を確認したり、

最後は、ふた回り前の実家の午年の年賀状に馬がデザインされていたことを思い出し、実家にもどり古い年賀状を探したり

余談ですが、私の実家の年賀状は私の子供のころから、とても凝って母が作っていたので全部1枚ずつとってあるんです(多分40年以上分)。

お陰で、ハミ、鎧(アブミ)といった聞きなれない言葉も覚えました。

フルオーダーメイドのご注文はその方のことをよく知ることから始まりますので、私の知らない世界をお客様がいっぱい教えてくださり、今回私もすっかり乗馬通になりました。

さて、肝心の出来上がったジュエリーのご紹介ですが、

一つ目は幸運のモチーフで有名な馬蹄型ペンダントトップ

実はただのペンダントトップではなく、中石のペンダントと馬蹄型のペンダントが取り外し可能で、4Wayで使用可能です。

そして、こちらの馬蹄型はお客様の強いご希望で、リアルに近い馬蹄のラインになっています。

馬蹄beforeafter

2つ目は、宝石たちを障害物にみたて障害物を飛び越える瞬間の馬をデザインしたペンダントトップ

馬beforeafter

そして、最後はデザインが出るまでかなり苦しんだ鎧のペンダントトップ

鎧は乗馬の時に足を入れる金具のことです。さりげなくイニシャルも入ってます。

鎧beforeAfter

リフォームは石の大きさや状態など、いろいろな制約があるためデザインをするのが大変難しいです。

この3つのジュエリーは、今の私が彼女に作って差し上げられる会心のデザインです。

オーダーメイドジュエリーの詳細はこちら

http://aire-jewelry.com/Order/index.html

 

ご依頼主さまは、現在日本馬術連盟の理事に就任され、2020年の東京オリンピックの馬術競技にご尽力中とのこと。

馬蹄や馬のモチーフは、開運や幸運、厄除けのモチーフとしてもよく知られています。

毎日、大好きなお馬さんのモチーフのジュエリーを身につけていただければ、きっと東京オリンピックも成功することでしょう。

周りの方から見て ”ご依頼主さま = 馬” なのだと思います。

お馬さんを見ると彼女を思い浮かべるっと言うぐらい、切っても切れないものなのでしょう。

これからは、今回お作りしたジュエリーが彼女を象徴するアイコンジュエリーなることと思います。

本当によくお似合いでした。

 

アイレジュエリーでは、気軽にオーダーメイドのご相談いただけるジュエリー定期相談を毎月開催中です。

公式サイトトップページに2ヶ月ごとの日程を掲載しておりますので、ご利用くださいませ。

http://aire-jewelry.com

また、随時個別相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

http://aire-jewelry.com/Order/consultant.html


[リフォーム事例]スタイリッシュでエレガントなパールのペンダントトップに生まれ変わりました。


古い真珠の指輪と爪が折れてダイヤモンドが一つ取れてしまった指輪を使って、バチカン部分にダイヤモンドをちりばめたゴージャズなペンダントトップに作り変えました。

こちらのデザインはどうしてもバチカン(チェーンを通す部分のことをいいます)を別にしないで、デザインと一体化したデザインを作りたかったため、

チェーンを通す部分の大きさの確保、そしてこれが大変だったのですが、元の指輪についているダイヤモンドを残さず利用するために、バチカン部分のデザインとパールとのバランスがなかなか確定できず、シンプルなデザインの割には、データを作るのに何回やり直ししたかしら???っという作品です。

爪が取れてしまった指輪にテーパーというのですが、細長い非対称の四角ダイヤがついていて、これをどう入れ込むかに頭をかなり悩ませました。

ジュエリーリフォームをする時、小さなダイヤモンドが残ってしまって、それを返却されても困ってしまいますものね!

残さずきれいに使い切るデザインを考えるってジグゾーパズルをしてるみたいでいつも頭を悩ませます。

pearl-reformoriginal

スケッチブック上の平面では、簡単に絵が描けてしまうのですが、3D CADでジュエリーデータを作るのって、一見超シンプルで簡単そうなものでも鋳造や石留めのことを考えてデータを作らないといけないので意外と大変なんです。

今回は石留めをするベース部分に対して、ダイヤモンドが少なかったので、泡留めという手法を使って熟練の職人さんに石留めをお願いしています。

泡留めというのは、石を留める爪と同じようなツブツブを余白スペースにも作って、まるでいっぱいダイヤモンドがちりばめているように見せる石留めの方法。

デザインに対してダイヤモンドの量や大きさが足りなかったり、新たにダイヤを買い足してまでリフォームしなくてもいいわっという時などに、この石留め方法を利用するとデザインの幅がひろがります。

今回はバチカンの周りに細い直線を残してダイヤモンドを囲むことで、ダイヤモンドとパールというエレガントな素材のなかにシャープさを残しました。

プラチナ台なのでその方が甘すぎずクールな感じですね。

K18のイエローゴールドやピンクゴールドでお作りするなら、周りの直線部分にもツブツブを作ってもよりエレガントで柔らかい印象になり、全く違う雰囲気になり素敵だと思います。

フルオーダー、リフォームについては、個別相談を承っておりますので、”使ってないジュエリーや片方だけのピアスがあのだけど。。。”っという方も都内の素敵なカフェやラウンジで私とおしゃべりしに、お気軽にお越しください。

フルオーダー、リフォームの他の事例はこちら

http://aire-jewelry.com/Order/index.html

 

Aire Jewelry(アイレジュエリー)公式サイト:http://aire-jewelry.com

FBページやインスタグラムのフォローもよろしくお願いいたします。

FBページ:https://facebook.com/airejewelry.topic

Instagram: https://instagram.com/airejewelry


30年前の婚約指輪を素敵な一粒ダイヤモンドペンダントにリフォームしました!


30年あまりほとんど使われずにいた婚約指輪。

どうにか使えるようにしたいのだけど、どうしていいのかわからない。。。というご相談を受け、シンプルな1粒のダイヤモンドペンダントにリフォームしました。

最近よくTVで取り上げられていますが、日本の昔のダイヤモンドの婚約指輪ってとても質が良いダイヤを使っているので、今インド人が日本でそんなダイヤを買いあさっているそうです。

今回ご依頼をうけてリフォームした婚約指輪のダイヤもお願いした石留め職人さんに“質のいいダイヤですねー!”って褒められました。

自分のものではないのに褒めていただいて、なんだかとてっも嬉しくなっちゃいました!

今の婚約指輪のダイヤの大きさは0.2〜0.3ctが主流なのですが、このダイヤは0.56ctと大きいこともあり、とても華やかで本当にすてきなペンダントになりました。

私もこんな綺麗なダイヤモンドほしいー!! 誰かくれないかなぁ。。。

リフォームするとリフォーム前のジュエリーの形がなくなってしまいますよね!?

大好きな人からプロポーズのシーンやお母さんが好きでずっと身につけていた風景を形が変わっても思い出せるように、アイレジュエリーではリフォーム前のジュエリーと生まれ変わったジュエリーのお写真にメッセージを添えてカードをお作りして記念にプレゼントしています。

reform_before_after

ずっとおうちの奥で眠っていた指輪が毎日気に入って身につけていただけるようなペンダントに生まれ変わって、お客様にも喜んでもらえるリフォームジュエリーのお仕事は、コレクションジュエリーを製作する楽しさとはまた一味違う悦びがあります。

世の中、断捨離ばやりですがときめかなくなったジュエリーをリフォームして、またときめくものに変身させましょう!

複数のジュエリーを一つの素敵なペンダントやリングにすることも可能です。世界に一つだけのジュエリーを作りませんか?

おうちの中で眠っているどうしたら良いかわからない思い出の指輪などがありましたら、お気軽にご相談ください。

http://aire-jewelry.com

お問い合わせは: info@aire-jewelry.com まで

 

他のリフォーム例はこちら