8月-9月定期ジュエリー相談の日程


世の中お盆休みですね。

今日は曇り空だから少しは涼しいかと思いきや、じっとりと暑いです。

さて、8月、9月のジュエリー相談会の日程をお知らせいたします。

<日程>

8/25(土)10時 / 14時 / 16時
8/29(水)10時 / 12時 / 15時
9/  5(水)10時 / 12時 / 15時
9/16(日)10時 / 14時 / 16時

詳細はこちらから

お客様がスケジュールをしやすいように、あらかじめ日程を決めておりますが、上記以外の日程でも調整可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先:info@aire-jewelry.com

写真は、ずっとリフォームしようと思っている私物のパールネックレス

リフォームジュエリー

もともとは祖母の長いパールのネックレスだったらしいのですが、母がネックレス数本、ピアス、イヤリングにどこかでリフォームしたもので、私にもネックレスとピアスをくれました。

でも。。。。。これ私全然似合わないのです。。。だからほとんど使わず。

 

今までオーダー品や商品サンプルの製作に追われずっとほったらかしだったのですが、

とっても素敵なデザインを思いついたので、年内中にはリフォームして、パールのリフォームのサンプルデザインにする予定です。

ジュエリー相談会では、このようなどーしていいのかわからないご両親やお祖母様が残されたジュエリーたちを素敵なジュエリーに生まれ変わらせるためのアイディアもお出しします。

その場でオーダーいただく必要もないので、素敵なカフェでお茶がてらお気軽にご相談にいらしてください。

ジュエリー相談会のお申し込みはこちら


パールのリフォームデザインサンプルを作りました!


今日から6月ですね!

6月の誕生石といえばパール

まあるく、やわらかな輝きのパールは優しくて、エレガントな女性のイメージがあり、みんな大好きな宝石ですよね。

そして成人の女性なら、冠婚葬祭用にパールのネックレスやピアスやイヤリング、指輪を一式セットでお持ちの方がほとんどなのではないでしょうか?

私も成人のお祝いに祖父母より、お祝いでミキモトのパールのセットを贈ってもらい今も大事に使っています。

でもフォーマルなセットなので、日常使いではなくやはり特別なかしこまった席で身につけることが多いです。

祖父や父の世代は、男性もやはりパールのカフスやタイピンを礼服を着る時のために持っている方がおおく、そんなメンズジュエリーがもう使わなくなったり、持ち主がいなくなってからお家に残っていたりしませんか?

DSCF1603

我が家も実家に戻った時に、”こんなのあるけど使わない?”っと言われ、使われなくなったパールのカフスやタイピンをもらったというか、処分に困って押し付けられた???という感じで、引き取ることに。

リフォームするにしても、私自身すでに持っているデザインとかぶるものはいらないし、日常的に使えるおしゃれなデザインのパールジュエリーなら欲しいと思い、試行錯誤して

ピアス、カフバングル、チョーカー、ペンダントトップ

にそれぞれ作り変えました。

webIMG_3800

どのデザインもトラディショナルでかしこまったイメージのパールジュエリーではなく、もっと都会的でアクティブな女性にカッコよくつけてもらいたいっと思ってデザインしました。

大きな宝石やダイヤがついた指輪などは、リフォームする際もそれなりにお金をかけてリフォームしようかと思いますが、

(フルオーダーのリフォームはどこで依頼してもそれなりの金額がかかります、デザインや素材にもよりますがアイレジュエリーでは、K18やプラチナでの製作で平均20万〜30万位)

カフスとかタイピンとかについてるパールって、なぜかそこまでお金をかけてリフォームしたくないなって思ったりします。

でもパールがついてるから、捨てるのはちょっと。。。。っというのが本音ですよね。

私も同じことを思いました、そこでできるだけコストを抑えてリフォームできるようにオリジナルデザインのパーツを使ってのデザインサンプルを作成しました。(リフォームは3万円台〜)

各サンプルデザインについては、参考価格を記載しております。

パールのリフォームサンプルのページへ

どのデザインも若干のカスタマイズは承れます。

”うちにも確か古いカフスやタイピン、あったなー”っという方、トレンドのパールジュエリーに作り変えませんか?

皇室のお祝い事があるときは、パールがとても流行るそうですので、まだまだパールジュエリーのトレンドは続きそうですよ!

パールのリフォームサンプルのページへ

7月13日からの展示会でもご相談いただけますので、お手持ちのパールのジュエリーがある方は是非お持ちになってください。

展示会の詳細はこちら


その人を象徴するアイコンジュエリーとは – リフォーム編 –


自分の人生に長年寄り添ってきた事柄やモチーフを、その方のライフスタイルに最適化してデザインされたジュエリーは、”ジュエリー=あなた” っとなるファッションパートナー

今回、そんなアイレジュエリーのコンセプトにピッタリのこれ以上ないジュエリーをお作りすることがでしました。

お母様の残された古い指輪を使えるようにして欲しいとのご依頼でした。

指輪からペンダントへのリフォームをご提案いたしました。

デザインのお題は ”馬” に関すること

一つは、すぐに馬蹄型のペンダントトップにすることに決まったのですが、残り2つのデザインにとても悩みました。

だって、馬のことも乗馬のことも私は、全くの無知。

丸善(書店)に行き、乗馬コーナーに置いてある本を読みあさったり、(すみません、立ち読みです)

エルメス(もともと馬具屋さんですから)のスカーフに描かれている模様を確認したり、

最後は、ふた回り前の実家の午年の年賀状に馬がデザインされていたことを思い出し、実家にもどり古い年賀状を探したり

余談ですが、私の実家の年賀状は私の子供のころから、とても凝って母が作っていたので全部1枚ずつとってあるんです(多分40年以上分)。

お陰で、ハミ、鎧(アブミ)といった聞きなれない言葉も覚えました。

フルオーダーメイドのご注文はその方のことをよく知ることから始まりますので、私の知らない世界をお客様がいっぱい教えてくださり、今回私もすっかり乗馬通になりました。

さて、肝心の出来上がったジュエリーのご紹介ですが、

一つ目は幸運のモチーフで有名な馬蹄型ペンダントトップ

実はただのペンダントトップではなく、中石のペンダントと馬蹄型のペンダントが取り外し可能で、4Wayで使用可能です。

そして、こちらの馬蹄型はお客様の強いご希望で、リアルに近い馬蹄のラインになっています。

馬蹄beforeafter

2つ目は、宝石たちを障害物にみたて障害物を飛び越える瞬間の馬をデザインしたペンダントトップ

馬beforeafter

そして、最後はデザインが出るまでかなり苦しんだ鎧のペンダントトップ

鎧は乗馬の時に足を入れる金具のことです。さりげなくイニシャルも入ってます。

鎧beforeAfter

リフォームは石の大きさや状態など、いろいろな制約があるためデザインをするのが大変難しいです。

この3つのジュエリーは、今の私が彼女に作って差し上げられる会心のデザインです。

オーダーメイドジュエリーの詳細はこちら

http://aire-jewelry.com/Order/index.html

 

ご依頼主さまは、現在日本馬術連盟の理事に就任され、2020年の東京オリンピックの馬術競技にご尽力中とのこと。

馬蹄や馬のモチーフは、開運や幸運、厄除けのモチーフとしてもよく知られています。

毎日、大好きなお馬さんのモチーフのジュエリーを身につけていただければ、きっと東京オリンピックも成功することでしょう。

周りの方から見て ”ご依頼主さま = 馬” なのだと思います。

お馬さんを見ると彼女を思い浮かべるっと言うぐらい、切っても切れないものなのでしょう。

これからは、今回お作りしたジュエリーが彼女を象徴するアイコンジュエリーなることと思います。

本当によくお似合いでした。

 

アイレジュエリーでは、気軽にオーダーメイドのご相談いただけるジュエリー定期相談を毎月開催中です。

公式サイトトップページに2ヶ月ごとの日程を掲載しておりますので、ご利用くださいませ。

http://aire-jewelry.com

また、随時個別相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

http://aire-jewelry.com/Order/consultant.html